トップページ 進学のたまのページ 資格取得早見ページ 情報公開 リンク集

TOPICS 分野別学校案内 加盟校名簿 資料請求

「実力社会」とは「資格社会」のこと

これからは実力社会であるといわれています。
会社などの採用試験で「あなたは何ができますか」と問われます。『何ができるか』とは『どんな資格を持っているか』ということです。自動車の運転の例をあげて考えてみましょう。どんなに運転が上手にできても公共の道路を走行することはできないのです。
『何ができるか』の『資格』とはこれです。
専門学校や各種学校では産業界で最も必要とされる「資格」の取得ができる学習を行っています。


大学卒、短大卒の方も入学している専各学校

このところ「資格」等の重要性はとみに高まって来ています。
会社などでは企業内研修や社内教育などを通じて人材の育成を図ってきましたが、急激な社会の変化に対応できなくなりました。そこで即戦力としての人材を確保する方向に変化するととなり、大卒者や短大卒者でもこの「資格」が見直され、就職活動に入ると「何ができるか」が問われるようになりました。
いま、社会でも大卒・短大卒者が「資格」の修得を目的として再度専各学校入学し、学習する人の増加が見られます。


専門学校は大学・短大と同じ高等教育機関

富山県ではいま、高等学校卒で直ちに就職する人は30%を切りつつあり、高等教育機関への進学志望率は70%を越えています。即ちわがの国の現状からすれば経済力・文化の向上、産業技術の高度化などにより、20才までは教育が必要だということになります。
専門学校は、実社会ですぐに役立つ技術・知識を修得させ、スペシャリストとして活躍できる人材を育成する高等教育の場です。そしてわが国の技術・技能を支える重要な教育機関です。また、2年制以上の専門学校を卒業すると社会に認められた「専門士」の称号が与えられます。


専門学校から大学への編入

平成10年2月、専門学校から大学の学部へ編入ができることとなりました。
専門士と学士の称号の両方を取得できます。
いまや専門学校は短大と同等であると認められ、皆さんが専門学校で有効な資格を取得した後、さらに学術的な勉強を希望すれば大学進学への道も拓かれました。


図

就職に有利な地元専門学校

県内の各専門学校・各種学校と県内の企業などとは深い繋がりがあり、各学校とも皆さんの卒業時には全力を挙げて就職のお世話をしています。
このことは、この不況下では見のがせない大切なことです。